地球逍遥

アクセスカウンタ

zoom RSS アドリア海へ

<<   作成日時 : 2014/02/03 01:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

“どんな鳥が飼われているのだろうと好奇心を抑えきれなくて、私もバルコニーに出て、おもわず声をあげた。眼下にひらけた見事な眺望が、まだおぼつかない朝の光の中に息づいていた。ああ、とうとうサバのトリエステにやってきた。ゆうべ、ミラノの空港を発って以来、自分がトリエステにいるという、はじめての実感だった。
サバが愛したトリエステ。重なりあい、うねってつづく旧市街の黒いスレート屋根の上に、淡い色の空がひろがり、その向うにアドリア海があった。そして、それらすべてを背に、大きな白い花束のようなカモメの群れが、まるく輪をえがきながら宙に舞っている。しわがれた騒々しい啼き声は彼らだった。”
    (須賀敦子『トリエステの坂道』/トリエステの坂道)




画像

須賀さんが、トリエステの旧市街を囲む坂の上のホテルから望んだアドリア海。
トリエステ中央駅から歩くこと5分足らず、私の前にも碧い海が姿をあらわした。
ぽかりと空間がひらけたと思ったら、目の前全部が、海だった。




画像

早速埠頭へ出てみる。
今も変わらず、カモメがいた。
達観したような顔つきをして、トリエステの街並を眺めていた。




画像

     Sep13     Trieste/ITALIA



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
素敵な場所ですね。
かおたいまきしん
2014/02/18 12:36
>かおたいまきしんさん
周囲に海しかないのですが、いつまで居ても飽きませんでした。
空と海だけで満たされます。
なお
2014/02/21 01:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
なおこっかの最近読んだ本
アドリア海へ 地球逍遥/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる